派遣の求人が多い薬剤師の仕事内容について

派遣の求人が多い薬剤師の仕事内容について

薬

薬の専門家である「薬剤師」

薬剤師はその名の通り「お薬のプロ」「お薬のスペシャリスト」です。「薬剤師」と聞いて真っ先に調剤薬局を思い浮かべる人も多いですがそのイメージ通り、医師が出した処方箋に従い正しい量の薬を調合する仕事です。他にもドラッグストアや製薬会社の研究機関、医薬情報担当者(MR)として活躍する人も多く「薬」というジャンルの中で幅広くチャレンジのできる職種でもあります。その中で「派遣の薬剤師さん」といえば調剤薬局が多く、ついでドラッグストアでの勤務となるようです。

薬剤師になる方法

薬剤師になるには薬関係専門の大学で6年生の薬剤師専用の養成課程を履修する必要があります。それだけでなく薬剤師の資格を得るための国家試験に合格しなければなりません。派遣やパートタイムで努めてる人がいるので気軽な職業に思われがちですが、社会人をやめて転職感覚で薬剤師になろうとしても、薬科系の大学に入学して同様な学問を履修し、国家試験を受けなければならないのでその道のりは険しいものとなりそうです。また、薬は日々進化しますので薬剤師になってからも薬の勉強は必要になります。

派遣で働く人が多い

薬剤師の求人を見ると「正社員」よりも「派遣」が目立ちます。実際に調剤薬局の薬剤師には派遣の人が多いのが現状です。薬剤師の派遣は時給が高く時間の融通が利くという事から、薬剤師の資格を眠らせている人にはうってつけの働き方でもあります。もちろん正社員で働いている人も多いですが、子育て中のママや時間に自由が利かない人は自分が苦労して取得した資格を眠らせることなく高時給で働くことができるのでメリットも多いでしょう。

病院薬剤師と保険薬剤師の違い

病院薬剤師とはどのような仕事か

病院薬剤師とは病院やクリニックなどで医師が出した指示で薬を出す人を指し、外来用の薬はもちろん、入院患者用の点滴、手術の麻酔薬、抗生剤など病院内でのあらゆる薬を任されています、

病院薬剤師と保険薬剤師の違いとは

保険薬剤師とは病院薬剤師とは違い、医師が出した処方箋の指示のもとで調剤します。いわゆる「薬局」で薬をだす「保険調剤」の薬剤師です。派遣の求人で多いのはこちらの保険薬剤師の方になります。

広告募集中